ホーム > 婦人会文庫、天理託児所、婦人会洗濯場

 

婦人会文庫、天理託児所、婦人会洗濯場

天理教婦人会文庫

婦人会創立以来の貴重な資料の数々を、整理、保管しています。

 

天理託児所

天理託児所は、大正14年に開所しました。

当時、教祖40年祭を目前にして天理教別科(修養科の前身)に学ぶ人が急増し、乳幼児を連れた母親も多くなりました。婦人会初代会長中山たまへ様は、こうした母親が安心して授業を受け、ひのきしん に励み、また、子供達も、おぢばでの生活を楽しく過ごして、幼いうちからお道の心を映していきたいと思われたのです。

この初代会長様のお心は、今も職員や保育士の真実によって受け継がれ、別席者や修養科生など、おぢばで学ぶ人の子供を預かっています。

 

婦人会洗濯場

婦人会洗濯場は、青年会ひのきしん隊の隊服などの洗濯、繕いを担当し、数名の常勤者と、各支部・会員の有志ひのきしんによって運営しています。

教祖の「菜の葉一枚でも粗末にせぬように」「すたりもの身につくで。いやしいのと違う」とのお言葉を実行し、女性として物を大切にし、活かして使い、ある物を工夫して活かすことをモットーにして、ぢばに伏せ込ませて頂く大切な、成人の場です。

ホーム > 婦人会文庫、天理託児所、婦人会洗濯場

このページの先頭に戻る