ホーム > お道のことば > ようぼく

お道のことば

ようぼく

陽気ぐらし世界建設のための人材・用材のことで、おぢば別席を運んで(親神様のお話)を聞いて、おさづけの理を戴き、ようぼくとなることができます。 頂戴したおさづけの理を、病む人にしっかりと取り次ぎ、また、教祖の教えを人々に伝えて、陽気ぐらし世界の建設に向かって力を尽くすことが大切な使命です。

ホーム > お道のことば > ようぼく

このページの先頭に戻る